入浴中に肌触りがよくて笑顔になる女性

皮膚の痒みを抑える方法は?乾燥肌の内側から潤いを与える漢方薬

「乾燥の季節は、毎年ムズムズした痒みに悩まされる」

「ヒリヒリ痛くなってから、無意識に肌を掻いていたことに気づいた」 

乾燥肌の方なら、きっと誰でも一度は経験したことがありますよね。

実は、乾燥による皮膚の痒みは『身体が温まったとき』にあらわれやすいもの。

お布団に入ったときは症状があらわれやすいため、睡眠の質を下げないために、できるだけ早めの乾燥対策が必要です。

これ以上クリームの量を増やしてベタつきたくない方や、スキンケア以外の乾燥対策を知りたい方へ。

今しているケアに手軽にプラスできる、おすすめの痒み&乾燥対策をご紹介します。

 

痒みと乾燥の関係とは?

肌がつっぱり、調子が悪いことを憂いている女性

乾燥肌とは『肌に必要な水分や皮脂が失われ、潤いがなくなっている状態』のこと。

水分や皮脂が乏しい皮膚は通常より薄く、バリア機能が弱い状態です。

外部刺激を受けやすいため、衣類やお布団の擦れなど、少しの刺激でも皮膚に痒みを感じやすくなります。

さらに、バリア機能が弱まった皮膚は、肌内部の水分も蒸発しやすい状態に。

肌の水分や皮脂は加齢によって減少していくため、20代の頃と同じケアでは、痒みや乾燥を十分にカバーしきれないのです。

 

乾燥で肌が痒いときの対処法

保湿ケアのためのボディクリームと植物が並んでいる画像

乾燥による皮膚の痒みには、次の4つの対処法を試してみましょう。

  • 十分に睡眠をとる

  • ビタミンを積極的にとる

  • 洗顔や入浴でこすり洗いをしない

  • 保湿力の高いクリーム(または軟膏)で保湿をする

睡眠やビタミンを十分にとり、ターンオーバーの周期を正常に整えることで、乾燥した古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わります。

こすらない、保湿をするなどの基本の対策も、バリア機能を保護するために毎日忘れずおこないましょう。

 

厄介な皮膚の痒みには『当帰飲子』がおすすめ

それでも痒みが治らない場合は、身体の内側から乾燥にアプローチする漢方薬がおすすめです。

毎日のスキンケアにプラスして取り入れることで、今後さらに強まっていくかもしれない痒みや乾燥を、外側と内側の両方から抑えられます。

大峰堂の『Hadaral当帰飲子』は、100%自然由来の生薬の力で、体内に“水分”と“血”を補います。

飲みやすい錠剤のため、漢方特有の苦味や飲みにくさが苦手な方でも安心です。

大峰堂の漢方錠剤 Hadaral当帰飲子錠 のパッケージ画像 アルミパウチ 女性が当帰の花を持っているデザイン

スキンケアのとき、ひたひたのパックで顔にたっぷり潤い成分を与えるように。

身体の内側にもたっぷりと水分&栄養を与えて、痒み知らずの潤い肌に近づけていきましょう。

 

大峰堂の漢方ストアでは、内側から乾燥対策をしたい方向けの漢方をご提供しております。 商品情報は下記リンクよりご覧いただけます。

【第2類医薬品】Hadaral 当帰飲子錠 /漢方薬-乾燥した皮膚の痒み・肌荒れのお悩みに – 大峰堂の漢方Store (ominedo.co.jp) 

 

公式Instagramでもお肌の健康に関する情報を発信中です。ぜひこちらもご覧ください。 

大峰堂の漢方【公式】(@ominedo_kampo) • Instagram写真と動画

 

関連記事もございます。合わせてご覧ください。

更年期はいつから始まる?多様な症状には漢方薬がおすすめ

ストレス不眠は『血流』から治す!更年期の冷え&痒みもまとめて改善

ブログに戻る