初秋、穏やかな気候の中、女性が木立の中を歩いている。

秋の準備におすすめのスキンケア。30代から肌トラブルを改善

夏の終わりが近づき、ファッションやスキンケアなど、少しずつ秋仕様にシフトチェンジする人が増えてきました。
 
そのような中、暑さからくる“夏バテ”や、冷たいものをたくさん食べた“胃の疲れ”など。
夏ならではの不調に、まだまだ悩まされていませんか?
 
身体が疲れるのと同じように、実は『肌』もとっても疲れています。
肌トラブルは、暑さがピークにくる真夏より、夏の終わりに起こりやすいんです。
 
よかれと思ってやっていたスキンケアが裏目にでないように、この機会にしっかり、自分の肌質を見直していきましょう。
まずは秋に向けた、身体にやさしい『ニキビケア』から。
 

自分の肌質・悩みに合うスキンケアを


広告にあるような過剰な洗浄アイテムや、根拠のない情報を信じて、肌に合わないスキンケアをしていませんか?
 
例えば、次のようなスキンケアをしていないかチェックしてみましょう。
 
  •   肌のベタつきが気になって何度も洗顔する
  •   肌のテカリが気になってクリームを塗らない
  •   洗浄力の高すぎる石鹸・クレンジングを使っている
 
自分の肌質・肌悩みに合わないスキンケアは、ニキビやシワなど、肌トラブルの原因になります。
過剰なスキンケアで肌のテカリを抑えるより、まずは根本的な原因から改善していきましょう。
 

テカリの原因は『肌内部の乾燥』

肌トラブルに悩む女性
 
大量の汗や紫外線などのダメージを受けた肌は、肌内部の乾燥を防ぐために『皮脂』を生成します。
皮脂は顔をテカリやすくするため、夏でも十分に保湿ケアをして、乾燥を防ぐことが大切です。
 
「たっぷり保湿をしていても、顔がテカる」
 
という方は、もしかしたら年齢に適さないスキンケアをしているかもしれません。
 
20代の頃と同じスキンケアでは、30代からは保湿が足りないこともしばしば。
肌質が改善されないと感じるときは、日頃のスキンケア以外に、アンチエイジングを意識したスキンケアを取り入れましょう。
 
 

30代こそ“内側”からニキビケアを

 美しい肌の女性が、スキンケアを行っている。肌調子がよく、笑顔
「保湿といえば“冬”」
と思う方も多いですが、夏でも保湿対策は重要なポイントです。
 
また夏は、乾燥対策だけでなく、紫外線対策、発汗対策、アンチエイジングケア……などなど、取り組むべきケアが盛りだくさん。
 
「そんなにたくさんやってられない!」
 
という方には、手軽にできる『Hadaral十味敗毒湯』がおすすめです。
 
大峰堂の漢方錠剤 Hadaral十味敗毒湯 のパッケージ画像 アルミパウチ 紫の桔梗の花


大峰堂の『Hadaral十味敗毒湯』は、身体の内側から“ゆらぎ”を整える、肌にやさしい漢方薬。
錠剤&パウチタイプでどこでも飲むことができ、旅行や職場でも気軽にニキビケアができます。
 
肌にも身体にも疲労が溜まっている夏の終わり。
これからやってくる秋に向けて、ぜひHadaralのやさしい漢方薬をお試しください。

 

大峰堂の漢方ストアでは、内側からニキビ対策をしたい方向けの漢方をご提供しております。

商品情報は下記リンクよりご覧いただけます。

https://shop.ominedo.co.jp/products/jumihaidokuto-tablets

 

公式Instagramでもお肌の健康に関する情報を発信中です。ぜひこちらもご覧ください。

大峰堂の漢方【公式】(@ominedo_kampo) • Instagram写真と動画

 

関連記事もございます。合わせてご覧ください。

ゆらぎ肌が秋ニキビを招く。漢方で肌の悩みを解決して新しい出会いへ

敏感なゆらぎ肌にできやすい“秋ニキビ”は内側からのケアを

ブログに戻る