秋の乾燥した空気の中、森を散策する女性

ゆらぎ肌が秋ニキビを招く。漢方で肌の悩みを解決して新しい出会いへ

肌の露出が減る秋は、肌のお手入れがおろそかになりやすい季節です。

油断していると、思わぬ時に肌トラブルを発見することになってしまいます。

秋は美味しい食べ物が多く、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

座り仕事で運動不足の女性や代謝が落ちてきたと感じている女性は、体重をキープすることや、食べ過ぎからくる肌トラブルに苦労していませんか?

体型維持のために頑張ってフィットネスジムに通おう!と思ったら、スポーツウェアからのぞく秋ニキビを見つけてしまってやる気が落ちてしまうという話も聞きます。

温泉旅行に行こうとムダ毛処理をしていて、秋ニキビに気づくこともあるようです。

イベントの多い冬に備えて、肌トラブルは秋のうちに改善しておきましょう。

 

秋はゆらぎ肌になりやすい

鏡を見て、ゆらぎ肌を気にする女性

最近よく耳にする「ゆらぎ肌」!

肌が一時的に敏感になり、刺激の影響を受けやすく、トラブルになりやすいお肌の状態です。

季節の変わり目である秋は、気温や湿度が大きく変化します。

そのため、夏の過酷な暑さと紫外線にさらされてダメージのたまった肌では、気候や環境の急激な変化にうまく対応できません。

やがて、肌の調子が不安定になりゆらぎ肌になってしまいます。

ゆらぎ肌になると、肌が乾燥して肌トラブルを起こしやすくなるため注意しましょう。

肌の乾燥が秋ニキビを増やす

乾燥するとニキビができるメカニズムを解説した図

ニキビは皮脂がたくさんできる時期の話で、乾燥していく季節にあまり関係がないと思っていませんか?

肌が乾燥すると、潤いを守るために皮脂が多く分泌されます。

皮脂は肌の乾燥を防ぐのに欠かせないものですが、過剰に分泌されると毛穴がつまりニキビができやすくなるため注意が必要です。

肌のバリア機能の低下や、年齢とともに保湿成分が減少することも、肌の乾燥を招き秋ニキビができやすくなる原因となります。

 

肌の乾燥対策をして秋ニキビを撃退

秋の森の中、運動や深呼吸をして肌の調子を整える女性

秋ニキビを改善するためには、保湿ケアをしっかりと行いましょう。

夏にさっぱりタイプの化粧水や乳液を使っていた方は、保湿力の高いものに切り替えることをおすすめします。

ニキビ用の洗顔料を使っている人はもっと乾燥への対策が必要かもしれません。

ニキビ用洗顔料には洗浄力が強いものが多いため、肌が敏感になっているゆらぎ肌には刺激が強すぎてしまうことも。

必要な皮脂を守るためにも、敏感肌用や乾燥肌用など肌の潤いをキープできるものを選びましょう。

また、乾燥している肌はバリア機能が低下しているため、ケアするときにも摩擦など肌への刺激は避けることが大切です。

紫外線の影響も受けやすいため、引き続き紫外線対策を徹底しましょう。

冬に向けて漢方で肌を整えましょう

冬が近づくとさらに湿度が低下して肌が乾燥しやすくなるため、肌トラブルを改善するのが難しくなってしまいます。

悪化するとニキビ跡が残ってしまうおそれがあるため、秋ニキビは冬が来る前にしっかりと治しておきたいですよね。

長引きやすい秋ニキビには、保湿ケアに漢方をプラスするのがおすすめです。

ニキビに確かな効果のある『Hadaral十味敗毒湯錠123年の歴史を持つ大峰堂薬品がお届けします。

手軽に飲める漢方を味方にして、新しい出会いに備えていきましょう。

大峰堂の漢方錠剤 Hadaral十味敗毒湯 のパッケージ画像 アルミパウチ 紫の桔梗の花

大峰堂の漢方ストアでは、内側からニキビ対策をしたい方向けの漢方をご提供しております。

商品情報は下記リンクよりご覧いただけます。

https://shop.ominedo.co.jp/products/jumihaidokuto-tablets

 

公式Instagramでもお肌の健康に関する情報を発信中です。ぜひこちらもご覧ください。

大峰堂の漢方【公式】(@ominedo_kampo) • Instagram写真と動画

 

 関連記事もございます。合わせてご覧ください

敏感なゆらぎ肌にできやすい“秋ニキビ”は内側からのケアを

秋の準備におすすめのスキンケア。30代から肌トラブルを改善

ブログに戻る