背中にニキビができて憂鬱そうな女性 森の中を歩く

(背中ニキビ対策)  凸凹のない”きれい”な背中へ。ニキビ知らずのセルフケア

もうすぐ夏がやってきます。

暑さでメイクが崩れたり、汗染みが気になったりする季節。

でも、まわりの人がよくみているのって、実は『背中』なんだとか。


「自分の背中って、どんな感じなんだろう……?」


きれい?それともニキビ肌……?と、気になると思います。

自分ではみえにくい部位だからこそ、露出が増えるこの夏、

服用しやすい漢方薬で『背中』のケアをしてみませんか?

 

人となり・品性は『背中』にでる

背中がきれいで品格のあるウエディングドレス姿の女性

自分ではみえにくい背中のケアができている人に、人はこのような印象を抱きます。


「気配りができそう」

「美容をがんばっていて素敵」

「丁寧な私生活を送っていそう」


自分を大切にすることで、まわりの人に良い印象を与える。

まわりの人の対応が変わると、自分のことを、今よりもっと好きになれるはずです。


自分のことを好きになれると、人はもっともっと魅力的になっていきます。

この夏は一歩踏み出して、なめらかで凸凹のない、ひとからも自分からも愛される肌に。

 

体内のゆらぎを整え、もっと自分らしく

素肌がきれいで白いタンクトップ姿の女性が爽やかな朝の海で腕を上に伸ばしている。

今までできなかったこと。諦めてきたこと。

それは意外と、解消できることかもしれません。


必要な方に、必要なものを届けていく。

123年の歴史をもつ大峰堂が、あなたがあなたらしくいるためのサポートをします。


清潔感の溢れる背中は、その人がもつ本来の『魅力』を引き出します。

キメ細やかで透明感のある背中は、自分らしさを倍増させる大切な”鍵”です。


この夏は、漢方薬の背中ケアで、例年より自分を大切に。

閉じこもっていた殻を脱ぎ捨てて、身軽に、もっと『きれい』に。

 

背中のケアには手軽な『漢方薬』を

エステや美容医療は、少し勇気がいる。

でも、この夏は昨年よりもっと魅力的になって、自分に自信をもちたい。


そんな頑張り屋さんのあなたに、大峰堂の『Hadaral十味敗毒湯錠』が寄り添います。

大峰堂の漢方錠剤 Hadaral十味敗毒湯 のパッケージ画像 アルミパウチ 紫の桔梗の花

漢方薬の『十味敗毒湯錠』を、服用しやすい錠剤タイプで。

パウチをさっと持ち歩いて、いつでも気軽に背中のケアができます。


内面が美しい女性は、自然と光り輝くもの。

内側からの背中ケアで、内面から透明感と美しさを手に入れましょう。

 

きれいな背中で、出会いを楽しむ

白いドレス姿の背中の綺麗な女性 夏の海のウエディング風景

夏は出会いの季節。

露出の多い服装が増えるこの季節は、肌のお手入れにも気合が入るもの。


「素敵な人に巡りあいたい」

「お洒落なファッションで出会いを楽しみたい」


そんな願いを込めながらするコーディネート選びは、楽しくもありながら、怖くもあります。

 

大峰堂の漢方ストアでは、内側からニキビ対策をしたい方向けの漢方をご提供しております。

商品情報は下記リンクよりご覧いただけます。

https://shop.ominedo.co.jp/products/jumihaidokuto-tablets

公式Instagramでもお肌の健康に関する情報を発信中です。ぜひこちらもご覧ください。

大峰堂の漢方【公式】(@ominedo_kampo) • Instagram写真と動画

でも、今より肌が少しきれいになれば、背中の大きくあいた服も怖くない。


きれいな背中に品性を宿して、自信をもって出会いの場に向かいましょう。

ブログに戻る