蕁麻疹の薬や副作用について。蕁麻疹の原因と仕組みまで解説!

蕁麻疹の薬や副作用について。蕁麻疹の原因と仕組みまで解説!

蕁麻疹の薬を服用している方、服用を考えている方、副作用について知っていますか?

蕁麻疹にお悩みの方に、薬やその副作用について解説します。

さらに、薬以外の改善方法もあわせてご紹介します。

 

蕁麻疹の原因と仕組み   

蕁麻疹は、アレルギー反応やストレスなどによって引き起こされることがあります。具体的な原因は人それぞれ異なりますが、体内でヒスタミンという物質が過剰に分泌されることで、かゆみや赤みを伴う発疹が現れるのです。


蕁麻疹の原因と仕組みについて、もう少し詳しく解説します。


まず、アレルギー反応やストレスなどの刺激が体に入ると、免疫系が反応してヒスタミンという物質が放出されます。このヒスタミンが血液中に広がり、血管を拡張させることでかゆみや赤みを引き起こします。また、ヒスタミンの作用によって血管の透過性が高まり、組織液が血管外に漏れ出すこともあります。


蕁麻疹は一時的なものから慢性化するものまでさまざまな症状があります。一時的な蕁麻疹は、アレルギー反応やストレスなどの一時的な刺激によって引き起こされます。一方、慢性化する蕁麻疹は、体内の免疫系やホルモンバランスの異常などによって引き起こされることがあります。

 

蕁麻疹の対処法

蕁麻疹には、以下のようなことを行うことで、症状の緩和が期待できます。


冷却:

かゆみや炎症を軽減するために、冷たい湿布や氷を使って蕁麻疹の部分を冷やすことが効果的です。


抗ヒスタミン剤の服用:

市販の抗ヒスタミン剤(抗アレルギー薬)を服用すると、かゆみや腫れを軽減することができます。ただし、医師の指示に従って適切な薬を使用してください。薬の副作用も確認しましょう。


保湿:

皮膚を柔らかく保ち、かゆみを軽減するために、保湿クリームやローションを塗布します。


刺激物の回避:

蕁麻疹の原因となる刺激物を特定し、接触を避けることが重要です。可能なら、アレルギーを引き起こす可能性のある食品や物質を避けます。


ストレス管理:

ストレスは蕁麻疹の症状を悪化させる可能性があります。リラックスするためには、深呼吸や瞑想などのリラクゼーション技法を試してみてください。


医師の診察:

症状が重度で持続する場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。医師は症状の原因を特定し、適切な治療法を提案することができます。

 

蕁麻疹の薬の副作用

抗ヒスタミン剤が蕁麻疹の改善にいいとお伝えしましたが、どんな副作用があるかご存じでしょうか?服用前には、このような情報も確認するようにしましょう。


抗ヒスタミン剤は一般的に安全で効果的な薬ですが、以下のような副作用が発生する場合があります。


眠気:

特に初期の服用時や高用量の場合に、眠気を感じることがあります。これは中枢神経系への影響によるものです。


口渇:

口の中が渇いたり、のどが渇いたりすることがあります。


めまい:

立ち上がったり、急な動作をしたりする際にめまいを感じることがあります。


視覚異常:

一部の抗ヒスタミン剤は、視覚異常やかすみを引き起こす可能性があります。


便秘または下痢:

胃腸の動きに影響を与え、便秘または下痢を引き起こすことがあります。


頭痛:

頭痛が起こることがあります。


過敏症反応:

まれに、抗ヒスタミン剤自体がアレルギー反応を引き起こす場合があります。


これらの副作用は薬剤の種類や個々の体質によって影響が異なります。医師の指示に従い、適量を守ることが重要です。また、副作用が現れた場合は速やかに医師に相談してください。

 

蕁麻疹に効果的で副作用が少ない漢方薬

抗ヒスタミン剤は蕁麻疹の解消に役立つとされていますが、副作用が気になる方も多いはず。

そこで、蕁麻疹には漢方という考え方もありますので、いくつかご紹介します。

漢方は内側から根本改善をめざしたい方にオススメです。



柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう):

気滞を解消し、体内のバランスを整えることで、蕁麻疹の症状を緩和するとされています。


逍遙散(しょうようさん):

体内の火気を冷ます作用があり、かゆみや炎症を和らげるとされています。


防己黄連湯(ぼうこおうれんとう):

体内の熱を冷ます作用があり、蕁麻疹のかゆみや炎症を和らげるとされています。


葛根湯(かっこんとう):

体内の湿気を排除し、血行を改善する効果があり、蕁麻疹の症状を軽減するとされています。


十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう):

体内の余分な熱や毒素を排出し、血液の流れをスムーズにする作用があり、蕁麻疹や肌荒れの症状を改善することが期待できるとされています。


十味敗毒湯は大峰堂漢方ショップでも取り扱っています。

蕁麻疹でお悩みの方、蕁麻疹の薬の副作用が気になる方は是非一度商品をお試しください。


↓商品ページはこちら↓

Hadaral十味敗毒湯錠



十味敗毒湯の副作用は?蕁麻疹に漢方薬という選択

十味敗毒湯は一般的には副作用が出にくいと言われています。

ただし、人によっては稀に下記のような症状が現れる場合もあります。

自己判断で漢方薬を使用するのではなく、医師や漢方専門家の指導のもとで適切に使用することが大切です。


消化器系の不快感:

吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの消化器系の不快感が現れることがあります。


アレルギー反応:

稀に、アレルギー反応が発生することがあります。かゆみ、発疹、蕁麻疹などが現れた場合は医師に相談してください。


頭痛やめまい:

使用する際に頭痛やめまいを感じることがある場合があります。


過敏症反応:

稀に、十味敗毒湯に含まれる成分に対する過敏症反応が発生することがあります。

 

副作用が少ない!蕁麻疹に効果的な漢方薬「Hadaral 十味敗毒湯」とは?

大峰堂漢方ショップで取り扱っている「Hadaral 十味敗毒湯」は、蕁麻疹や肌荒れを体の内側からケアできる漢方薬です。この薬の特徴は、赤みをもった蕁麻疹や肌荒れを改善する効果があることです。


十味敗毒湯は、漢方の知恵を活かした特別な配合で、体の内側から蕁麻疹や肌荒れをケアする効果があります。具体的には、体内の余分な熱や毒素を排出し、血液の流れをスムーズにする作用があります。その結果、蕁麻疹や肌荒れの症状を改善することが期待できるのです。


さらに、十味敗毒湯には美容効果もあります。漢方の考えでは、体の内側のバランスが整うことで、肌トラブルの改善や美肌効果が期待できるとされています。また、十味敗毒湯には抗酸化作用もあり、老化の原因となる活性酸素を抑制する効果があります。これにより、若々しい肌を保つことができるのです。

 

副作用が少ない!蕁麻疹に効果的な漢方薬「Hadaral 十味敗毒湯」の安全性


十味敗毒湯は副作用が少ないため、安心して使用することができます。ただし、妊娠中や授乳中の方、または薬物アレルギーのある方は事前に医師に相談することをおすすめします。


漢方と美容を融合した「Hadaral 十味敗毒湯」は、体の内側から蕁麻疹や肌荒れをケアする効果があります。その特別な配合により、赤みをもった蕁麻疹や肌荒れを改善し、美肌効果も期待できます。安全性も高く副作用が少ないため、多くの方におすすめできる漢方薬です。ぜひ一度試してみてください。


商品情報は下記リンクよりご覧いただけます。

『Hadaral 十味敗毒湯錠』商品ページ

 

公式Instagramでもお肌の健康に関する情報を発信中です。ぜひこちらもご覧ください。

大峰堂の漢方【公式】(@ominedo_kampo) • Instagram写真と動画

 

 ↓『十味敗毒湯』にまつわる関連記事もございます。合わせてご覧ください。

見えるところのケアばかりになっていませんか?内側からのケアで敏感肌を守る

背中きれいを目指しましょう!背中ニキビ対策のセルフケアを紹介

ブログに戻る