目を閉じている女性 良い気候の外でリラックスしている

背中の肌荒れには『Hadaral』の摩擦しないニキビケア

 肌トラブルの代表である『ニキビ』。 

気づいたら、いつも同じところにニキビができていることってありますよね。

 

「早く治したくて、無理やり潰してしまった」

「でも凹んで跡になって、すっごく後悔した……」

 

きっと、そう悩む方も多いと思います。

 

新たな肌トラブルを生まないために大切なのは、触れずにできる“やさしい”ニキビケア。

今年こそは、早めのニキビ対策で、気後れしない《出会いの夏》を楽しみましょう。

 

ついつい触ってしまう ”ストレスニキビ”

 顔にできたニキビが気になって触ってしまう女性。困り顔。

ストレスニキビは、精神的・環境的な問題で繰り返し発生しやすいもの。

 

触ってはいけないとわかっていても、仕事中や考え事の最中に、ついつい触ってしまう方も多いですよね。

 

刺激して治りが遅くなって、それがまたストレスになって、繰り返しニキビができてしまう悪循環……。

 

この悪循環を断ちきるには、身体の“深部”からのニキビケアが大切。

表面的に薬をぬらなくても、ニキビはしっかり改善できます。

 

ニキビへの摩擦は『肌トラブル』の原因に

 ブーケの匂いをかぐ女性

意外と見落としがちなのが、ニキビに薬をぬるときの《刺激》や、服が肌に擦れるときの《摩擦》。

 

お風呂でゴシゴシ強く洗ったり、不意に触ってしまったり。

こういった日常的な動作も、もしかしたら、ニキビを悪化させる大きな刺激になっているかもしれません。

 

皮脂量や紫外線量が多い夏は、どうしてもニキビが増えやすい時期。

顔以外にも、服で擦れやすい、背中やデコルテのニキビに悩む女性は多いんです。

 

早めのニキビケアで、透明感あふれる肌に

 良い出会いがあり、透明感のある肌の女性の笑顔

気になる人はいるけど、ニキビが気になって、なかなかアタックできない。

座りっぱなしの仕事で代謝が落ちて、最近、ニキビの治りが遅くなっている気がする。

 

ずーっと治らないから「まだかな?」と気になって触ってしまい、さらに治りが遅くなるという悪循環。

 

そうして、自分への自信がまた少しなくなり、出会いを楽しむのが億劫になる……。

 

そんな負のスパイラルを、今年の夏こそバッサリ断ち切って。

控えめな自分を脱ぎ捨てて、未来に向けた、ときめきの出会いを増やしていきましょう。

 

『Hadaral』で触らずニキビケア

普段のニキビケアに簡単に付け足せるのが大峰堂の『Hadaral十味敗毒湯錠』。

飲みやすい錠剤タイプの漢方薬で、薬をぬりづらい背中ニキビにもしっかり浸透します。

大峰堂の漢方錠剤 Hadaral十味敗毒湯 のパッケージ画像 アルミパウチ 紫の桔梗の花

もしも、慢性的にニキビに悩んでいたとしても「どうせ治らないから……」と諦めないで。

『Hadaral』の“やさしい”ニキビケアが、あなた本来の魅力を引き出すためのサポートをします。

 

ニキビが治ったら、実現したい未来。

着たい服。行きたい所。会いたい人……。

 

そんな《ワクワク》を思い描きながら、この夏は、気軽なニキビケアを。

肌の悩みから解放された、未来のあなたは、きっと素敵に笑っていますよ。

 

大峰堂の漢方ストアでは、内側からニキビ対策をしたい方向けの漢方をご提供しております。

商品情報は下記リンクよりご覧いただけます。

https://shop.ominedo.co.jp/products/jumihaidokuto-tablets

 

公式Instagramでもお肌の健康に関する情報を発信中です。ぜひこちらもご覧ください。

大峰堂の漢方【公式】(@ominedo_kampo) • Instagram写真と動画

 

関連記事もございます。合わせてご覧ください

背中の毛穴詰まり・黒ずみをやさしく改善。直接触れないニキビケア

背中ニキビ対策 凸凹のない”きれい”な背中へ。ニキビ知らずのセルフケア

ブログに戻る